恋の骨折り損

大好きな蜷川幸雄演出のシェークスピアのお芝居。
今回も内田滋君が出演しているということで、観に行ってきました。
男性俳優のみで演じる、シェークスピアの恋愛喜劇。
もちろん滋君は今回も女役。
もう、めちゃめちゃはじけてて、最高でした!!
蜷川さんに、好きなようにやらせてもらっていると言っていましたが、
本当に誰よりも光ってました☆

そして、蜷川シェークスピア作品で、
いつも感動するのが高橋洋さんの長セリフと抜群のお芝居。
かっこいいです^^

楽屋で会った姜暢雄君も、
なんだかほのぼのした感じで、舞台の上とは違う魅力いっぱいだった^^
「姜」っていう苗字は、韓国読みでは「カン」。
今度、もし会う機会があったら、韓国の話をしてみようと思います。
あ、でも、彼、韓国語はできないという噂ですが・・・^^;

そして、このお芝居のあとの飲み会で、
私にとってめちゃめちゃ懐かしい出会いが・・・!!
滋君の知り合いのあるCMの制作会社の人がいたんだけど、
その会社は、私が以前とってもお世話になった方と同じ会社、ということで!
聞いてみると、なんと!その方も、
本当ならその飲み会の席に来るはずだったというではありませんか~!!!
思わぬところで、懐かしい再会のきっかけがあって、
本当に嬉しい夜でした^^

☆今日の韓国語☆
세상이 좁다.
世間は狭い。
[PR]
by alicef327 | 2007-03-29 23:56 | 演劇
<< イ・ジフン かぶき座の怪人 >>