シラノ・ド・ベルジュラック

青山円形劇場にて。

シラノを市川右近さん。
ロクサアヌを安寿ミラさん。
そして花組芝居の加納幸和さん、桂憲一さんなど、
ベテランの役者さんたちが何人もの役を演じながら、
物語が進んでいきます。
フランスの劇作家エドモン・ロスタンの世界と、
日本の歌舞伎の世界がうまくミックスされていて、
絶妙な不思議な世界を作り出していました。

とっても素敵なお芝居だったんだけど、
ひとつだけ難点が・・・。

実は、私のお隣に座ったおじ様。
ニオイが・・・><
演劇って、見る席もとっても大切です・・・(泣)

☆今日の韓国語☆
되긴 된다!
なるようになる!
[PR]
by alicef327 | 2007-09-22 21:54 | 演劇
<< ウォンタクの天使 履歴書 >>