見知らぬ乗客

東京グローブ座にて。
出演: 二宮和也  内田滋  秋吉久美子 パクソヒ 宮光真理子 ほか

お互いもう、見知らぬ乗客じゃないんだよ・・・ 僕らはそれ以上だ。

“交換殺人”をテーマに、特殊な状況に置かれた人間たちの
心理と行動を緻密に描き出す。
心理サスペンスの名手として名高い
パトリシア・ハイスミスの処女長編作「見知らぬ乗客」を舞台化。
1995年の戯曲化以来、上演が繰り返され、
名匠ヒッチコックによる映画版とは対照的に、
「殺人鬼ブルーノ」に焦点を据え、彼の狂気を描いています。


嵐の二宮君の舞台を拝見するのは、おそらく2回目だと思うのですが、
今回もすごく難しい役柄を見事に見せてくれました。
そして二宮君演じるブルーノの狂気に見事にはまっていく役を演じた内田滋君。
やっぱりいつ見ても彼の舞台はいいです^^
喘息が出てしまって病院に行って吸引したりと大変だったそうですが、
舞台の上で、特に2幕での滋君のお芝居は、
じわじわと追い詰められていく怖さや精神的なストレスが空気で伝わってきて、
ちょっと怖いくらいでした。

記者会見や記事では二宮君と滋君のキスシーンがやたらと話題になっていたので、
どんなだったかブログに書いていい?と確認したら、
「見てのお楽しみ」と書いて。
と言われたので、そうします(笑)

見てのお楽しみです。

さてグローブ座と言えば、場所は新大久保。
終演後は軽く「明洞キンパプ」で、ラポッキとチャムチキンパプ、
生ビールを1杯飲んで帰りました^^しあわせ~

☆今日の韓国語☆
입이 비싸다.
舌が肥える。
[PR]
by alicef327 | 2009-08-04 22:02 | 演劇
<< 今年の花火 どっちも難しい >>