できることから。

3月11日、私は韓国にいました。
そして、午後3時半ごろだったでしょうか。
たまたま入ったお店で、東京で大地震が起きたことを知りました。
その瞬間、韓国の友達から一斉に
「あかね、大変だ。すぐに家族に連絡して!」というメール。

すぐにホテルに戻り、携帯、ホテルの電話から、
家族に電話をかけ続け、ようやく声が聞けたのは夜中の12時過ぎでした。
そのおよそ9時間の間。
部屋のテレビでNHKを見ながら電話を何百回もかけ続け、
状況がわからないという不安で涙があふれ、
部屋に一人でいると押しつぶされそうで、
ホテルから近い東大門の街をひとりで歩きまわりながら電話をかけ続けました。
電話がつながった瞬間、感極まって大泣きしている私に、
すぐ近くにいた露天商のアジュンマがティッシュを手にいっぱい持って
私のそばにやってきて、
「日本人か?家族と連絡がついたのか?無事だったんだね?」と、
肩をたたきながら喜んでくれました。
通りすがりの韓国人たちも次々に立ち止まって、
私が泣いているのを見て、口々に「良かった、良かった」と
言ってくれて・・・それが嬉しくてまた涙が溢れたのでした。

私の家族、友人たちはみんな無事でしたが、
今回の地震で被災された方々のことを思うと、
本当に胸が痛くて苦しくてたまりません。
今、私にもできること。
節電をすること、余分な買いだめをしないこと、
少しですが、義援金に協力すること。
そして、アナウンサーとして正確な情報をきちんと伝えること。
たった少しでもみんなで頑張れば、きっと大きな力になると信じています。

韓国で、たくさんの友人やお店の人、タクシーの運転手さん、
みんなに同じことを言われました。
日本はすごい国だ。日本なら必ず立ち上がれるから頑張れ、と。

実際に被災した方達は、今はそんな心境になれる状態ではないと思います。
でも、無事だった私たちは、先に進まなきゃいけない。
今、できることからはじめて、
そして、一日も早く平穏な毎日が訪れることを祈るばかりです。



e0031263_0202467.jpgエコフラッグムーブメントに参加しましょう!
[PR]
by alicef327 | 2011-03-16 23:10 | 日記
<< 実行しよう。 行って来ます(^_−)−☆ >>