偶然の音楽

原作/ポール・オースター 台本・演出/白井晃
出演/仲村トオル・小栗旬 他
世田谷パブリックシアターにて

仲村トオルさんの舞台を初めて見ました。
すごく声がとおる方なんですねー。
セリフがとっても聞き易かった。
存在感も、ものすごくあって。さすがです。
小栗旬君とのコンビも絶妙でした。
小栗君の舞台は、何度か見ていますが、
この作品の役柄は、彼にとてもはまっていたと思います。
それと、舞台の使い方や演出がとても変わっていて、
想像力を働かせるのがとても楽しかったです。

そして、なんと言っても、
二人とも背が高くてかっこいいっ!!
(結局それかい!?)
やっぱりお芝居の半分以上は、役者さんの力だと、
改めて思うのでした。

☆今日の韓国語☆
약속해도 지킨 다고 할 수는 없다.
(ヤクソッケド チキン タゴ ハルスヌン オプタ)
約束しても守るとは限らない
[PR]
by alicef327 | 2005-11-12 20:07 | 演劇
<< 地球に優しいシンプルライフ 地球、光りなさい! >>