WAKU「手つかずの空」観劇日記

e0031263_21483038.jpg



先週末、赤坂RED/THEATERにて、
TARAKOさん作・演出
WAKUプロデュースvol.18『手つかずの空~Little Wing 2013~』
を観劇しました。

毎年、大好きな木原さんが出演されているので必ず観に行くお芝居です。
今回の脚本は、再演ということでしたが、
私は初めて見て、またまたやられちゃいました・・・
TARAKOさんの書くお芝居は、本当に心の一番敏感なところに、
そっと触れる感じがします。
笑っちゃうんだけど、どうにも切なくて悲しくて。
きっと誰にでもひとつやふたつ、
誰にも触れられたくない悲しさや辛さがあって、
普段は思い出したくないけど、このお芝居を観てると、
心の底にしまっておいた涙があふれ出てきます。
なのに、思い切り泣いた後、なぜか気持ちがいい。
すごく悲しいことを思いだして、泣いたのに、
なんだかすっきりするんです。
そして、明日からもまた、人にやさしく生きて行こうって、
思えます。

今回の木原さんは、悪徳弁護士の役^^でもかっこよかった!
TARAKOさんの出演は毎度的を得てるし、
私が大ファンの柳沢三千代さんは、
めちゃめちゃセクシーで物悲しい猫ちゃん役で、
観ている私がドキドキしちゃいました。ホント素敵。
山口美砂さんのはかない存在感は、
笑顔が涙をそそるという不思議な魅力。

そして、今回急遽代役を務められた森屋正太郎さん。
たった数日というお稽古期間なんて思えないほど、
役にぴったりはまっていました!役者さんってすごいですね~

WAKUの公演を見ると、あ~今年もそろそろ終わりだな~と
思うのですが、今回違ったのは、
いつもの年よりも、寒くなかったこと!
なので、なんだか年末の感じがしませんでした(笑)
来年も11月に公演が決まっているそうなので、
また絶対に観に行きたいと思います。

☆今日の韓国語☆
나도 조금 전에 왔어.
私もさっき来たよ。


e0031263_0202467.jpgエコフラッグムーブメントに参加しましょう!
[PR]
by alicef327 | 2013-11-26 22:07 | 演劇
<< 「1日のスタートは朝のスープか... クルチアーニ秋冬バージョン >>