에비大王

青山劇場にて公演中

エビ大王」は「海老大王」ではなく、「에비大王」です。
「에비(エビ)」という韓国語は辞書によると「幼児に怖いものの意で使う語。お化け。」
(一番下の*注釈参照)
2002年にソウル公演芸術祭で作品賞と戯曲賞を受賞している韓国戯曲です。
時は古朝鮮のある時。神話と歴史が共存していた時代、
世継ぎの息子を願っていたエビ大王だが、これまでに産まれた子供は皆女ばかり。
いよいよ七番目も女と分かり、この娘を川に捨ててしまう。
このことがきっかけで巻き起こる様々な物語。
世継は、そして国はどうなってしまうのか・・・。

男が生まれないと女として認められない、世継も男じゃなきゃだめ、
今も昔も万国共通なんですね・・・。
大スペクタル歴史映画を見ているような舞台装美と音響で、
2時間ちょっと息もつかせない展開、すごく面白かったです。

エビ大王を演じるのはTeam ARAGOTO 旗揚げ公演 主催の筧利夫さん。
脇を固める役者さん達もジャニーズの佐藤アツヒロくんをはじめ、
舞台で活躍中の個性派、演技派揃いでした。
友人の平沼紀久さんも、彼の存在感がすごく出ていたと思います!
大きな舞台のどこにいても、すぐわかる存在感ってすばらしいことですよね。
楽屋で会った平沼さんはやっぱり普通の人だったけど・・・!?
でも、かっこいいから許せちゃう・・・かな(^_^;)
また素敵な舞台、期待しています♪

☆今日の韓国語☆
울면 에비가 온다.
泣いたらお化け(エビ)が来るよ。
*但し、今は韓国でエビという言葉は使わないんだそうです・・・。
 韓国人の友人は、エビ=おばけとは聞いたことがないと言っていました。
 しいてあげれば、汚いものを触った時に「エビ!エビ!」と
 おばあちゃんが言うそうです。
 きっと、とても昔の言葉なんでしょうねー。
[PR]
by alicef327 | 2005-12-15 21:17 | 演劇
<< 悔しいよぉ~(>_<) リズミックタウン >>