家さがし その1

正直言って、こんなに大変だと思っていませんでした。
家探し・・・。

6月の半ばになって、まずはソウルに住んでいる友達に電話。
「8月から1ヶ月住めるところを探してくれる?」
希望は・・・。
*学校から近いこと。
*部屋にひととおりのモノが揃っていること。
 (机、ベッド、TV、冷蔵庫、エアコンなど)
*シャワー・トイレが部屋にあること。
*キッチンは共同でも可。
(というより共同希望。韓国人とのコミニケーションの場として!)
*家賃は1ヶ月45万W以内。

いろいろ不動産屋さんにあたってくれたけど、
この条件だと、ワンルームというカテゴリーに入るらしく、
その場合、ウォルセという保証金が必要になる。
それにワンルームだと、普通のひとり暮らしになるから、
韓国人とのコミニケーションは期待できないし、
なんといっても高い!!

平行して、韓国に留学している日本人の友達がいる人に、
この条件の部屋があるかどうか、聞いてもらう。
ほとんどの学生は、ハスク(下宿)に住んでいるので、
シャワーやトイレは共同。
食事もみんな一緒。
家賃は30万Wくらいからと安いけど、
韓国人に聞くと、その家の主人によって、
住み心地はかなり違うとか・・・。
韓国人の友達はみんな、やめたほうがいいっていうし。

ソウルで探してくれている友達から、
とりあえず、ネットでどの物件がいいか見て欲しい、
と連絡がある。全部韓国語のサイト。
日本に住む韓国人の友達にPCバンで見てもらって、
直接、韓国の不動産屋さんに電話してもらう。
やっぱり私の条件で1ヶ月だけ貸してくれるところはない、
という答え・・・。
唯一、オフィステルが一部屋だけあったけど、
決め手には欠けるので却下。

たった1ヶ月の留学、
シャワーやトイレが共同でもいいじゃない?
とも思うんだけど、
朝の忙しい時間に、共同のシャワーとかって、
ゆっくり仕度をしたい私には、たぶんかなりのストレスだと思う。
時々、このブログに遊びにきてくれる留学中の方達も、
それがイヤで引っ越したという話しも聞いたし。
とにかく、目的は勉強。
だから余計なストレスは極力避けたいし・・・。
かといって、ホテルは高いし、
ある程度、韓国人との交流の機会も欲しいし。
ハスク以外に、韓国にはコシウォンという、
ハスクに食事がついていないという形態の、
ものすごく狭い部屋だけを貸すというシステムもあるけど、
聞いたところによると、とにかくメチャメチャ狭いらしい。
これも、やめたほうがいい、と言われる。

・・・私、一体どこに住めばいいの??
そんな時、コシテルという、コシウォンよりも広くてきれいな家が、
今、韓国で流行っているという情報をGET!!

そして、私の家探しはつづく~。

☆今日の韓国語☆
어떻게...
どうしよう・・・。
[PR]
by alicef327 | 2006-07-23 00:34 | 韓国短期留学2006
<< 我が心のオルガン いろいろと >>