オトナになりたい

韓国語の勉強会でよく会う韓国人のIシ。
彼は、私が今よりももっと会話が下手で、
ほとんど聞き取る事ができなかった時から、
何度もあきらめずに韓国語で話してくれる、
貴重な友人のひとりです。

その彼が言うには。
私が韓国語を話すと5才の子供みたいだ。。。と。
私は全くそんなつもりはなく、至って普通に、
日本語と同じように、韓国語を話しているつもりでした。
なのに・・・・ナゼ・・・???

その理由を聞いてみた。
①ゆっくり話す。
②やさしい言葉を使う。
③声が高くなる

①、②は、わかります。
考えながら話すから、早くしゃべれない(^_^;)
ボキャブラリーが少ないから、簡単な単語でしかしゃべれない(^_^;)
でも・・・。
声が高くなるって???
知らなかった。全然気付かなかった。

で、この3つが揃うと、とっても子供っぽく聞こえるそうで、
私が話すと、5才の子供が話してるみたい、なんですって(悲)

そして、1ヶ月の留学を終えて帰ってきて。
早速Iシに聞いてみた。
「私の韓国語、少しはオトナになったでしょ?」
「そうだね、5才1ヶ月くらい。」
・・・・・・(激悲)

その日、一緒に勉強した他の韓国人が隣りでフォローしてくれた。
「そんなことないですよ。小学校の低学年ぐらいには聞こえます。」
・・・・・・・(激激悲)

Iシ曰く、こんな風にしゃべられたら、みんな(助けてあげなきゃ)
と思うそうで、だから韓国でみんなに親切にされたんだ、と。
そ・・・そうなんでしょうか。。。
すごく心外なんですけど。
超くやしいんですけど。

私の韓国語しか聞いたことのない韓国人のみなさん。
私はちゃんとしたオトナですから。。。
・・・って、読めないか。。。

☆今日の韓国語☆
어른이 되고 싶다.
オトナになりたい。
[PR]
by alicef327 | 2006-09-30 01:19 | 韓国語の勉強
<< なつかしい・・・!? 芸術の秋 >>