花冷え

先日、韓国語学校で先生が、
一度暖かくなったのにまた寒くなったので、
このことを韓国語で「꽃샘추위(ッコッセムチュイ)」と言います。
と話していた。

確か、以前にもこのブログでも書いた気がするんだけど、
「꽃샘추위」というのは「花冷え」のこと。
「꽃」が花で、샘が「やきもち」、추위は「寒い」という意味で、
春になって花が咲いて暖かくなったのを、冬がやきもちを焼いて寒くしている
という意味なんだよ、と数年前にある韓国人が私に教えてくれた言葉。

あまりにもかわいくてインパクトのある言葉って、
誰がどんな時に、どんな風に教えてくれたのか、
その時のシチュエーションまではっきり覚えてるもんですね。
なんか、なつかしい。

でも、今の寒さって、花冷え?
まださくらの開花予想が出たばかりだし、もうちょっと後では??
ホントのところはよくわからないけど・・・。

ソウルでは、今週また気温が零下まで下がって雪が振ったそうです。

☆今日の韓国語☆ 先日韓国で友達から来た携帯メールの中から。
다행히 황사가 빗겨가 날이 좋네요.
幸いにも黄砂がそれる日でよかったね。
*日本では今花粉の真っ只中ですが、韓国で花粉ではなく黄砂です。
[PR]
by alicef327 | 2007-03-08 00:40 | 韓国語の勉強
<< クリスピークリームドーナツ!! ホラー映画みたい・・・!? >>